外反母趾

ビル

外反母趾|外反母趾の進行状態―可逆期から拘縮期への進行

このような外反母趾の最初の段階、可逆期が長く続くと、今度は次の段階である拘縮期に突入します。
これは、可逆期のように自分の意思や外からの力では足の親指が内側に戻らなくなった状態です。
長く可逆期が続いたせいで、足の親指の内側にある関節包や靭帯が縮んでしまい、親指を外側に曲げる内転筋も短くなり、拘縮が起きるのです。
手で親指を曲げようとしても曲がらない、自分の意思も通じないし外からの力にも動じない足の親指はまるで自分のものではなくなったような恐怖さえ感じさせます。
しかし、外反母趾の全体的な症状で考えていくと、この拘縮期の症状はまだ最初の方の状態だと言えるでしょう。
さて、では、次の段階である進行期についてお話していきたいと思います。

関連情報一覧

外反母趾|外反母趾を診てくれる病院って、いったいどこにあるの

外反母趾|出来るならば病院へ行かずに自分で治したい外反母趾

外反母趾|外反母趾の進行状態―可逆期、拘縮期、進行期、終末期

外反母趾|外反母趾の進行状態―可逆期から拘縮期への進行