外反母趾

ビル

外反母趾|外反母趾の進行状態―可逆期、拘縮期、進行期、終末期

外反母趾は段階を踏んで進行していく病気です。
可逆期、拘縮期、進行期、終末期とそれぞれ進行状態の時期が分けられます。
まず、可逆期とは、足の親指が外側に曲がっていても、自分で内側の曲げようと力を入れたり、手で押さえるなど外から力をかけるなどすれば、簡単に足の親指が内側へ曲がる状態の時期のことです。
外反母趾の一番最初の段階ですね。
靴を履いている間はその圧迫により親指が変形してしまうのですが、靴を脱げば問題がなくなる、それを続けている内に靴を脱いでも足の親指の変形が自然な状態では簡単に元に戻らなくなり外反母趾となってしまうのです。
最終的には痛みで歩けなくさえなる外反母趾なのに、このように緩やかに始まられると危機感も薄れてしまいますよね。

関連情報一覧

外反母趾|外反母趾を診てくれる病院って、いったいどこにあるの

外反母趾|出来るならば病院へ行かずに自分で治したい外反母趾

外反母趾|外反母趾の進行状態―可逆期、拘縮期、進行期、終末期

外反母趾|外反母趾の進行状態―可逆期から拘縮期への進行